忍者ブログ
管理人:筒巻の日常やゲームについていいかげんに語るへっぽこ日記です。
11  10  9  8  7  6  5  4  3  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しました。
ノーマルモードが終わったので難易度ハード、ハーデスト、インフェルノが解禁しました!
クリアボーナスを差し上げます!
って言われて武器作りの素材を大量にもらったけど、やらんよ!(笑)
私の腕じゃノーマルクリアが関の山だよ!死ぬよ!

ストーリーは北欧神話がベース、終末・ラグナロクを食い止めるために主人公の兄妹神と人間が協力して主に巨神と戦うというもの。ストーリー的には最初から最後まで暗く(注:ギャグ要素もあります)、最終的にそして誰もいなくなったになりました。
いちよう希望のあるエンディングでしたが、もう少し救いが欲しかったなぁというのが1時間の死闘後の感想でした。
ラスボスは得てして時間がかかるものですが、Wiiリモコン戦だとまず身体が持たないです。
頑張って戦ってもみんな死んでいるという空しさが増幅する(涙)

前も日記で書きましたが、このゲーム「巨神をダルマにするゲーム」といわれるように、敵である巨神を剣やらハンマーやら槍やらその他もろもろで切りまくるゲームです。
敵の足や腕がポンポン飛んで、血飛沫も派手に散乱するのでCERO判定はD。
こんな書き方するとどんなにグロいんだと思われるかもしれませんが、グロさはあんまりない感じです。
最初は血飛沫にびっくりするけど、巨人はどんどん再生していくので絵的な衝撃は薄いですね。

画像よりグロさを引き立てるのは声。
声はこのゲームの重要な要素になります。
声優さんがかなり豪華です。浪川さんとかー中井さんとかー三木さんとかーその他もろもろ。
キャラクターモデリングはあまり良いとは言えないんですが、それを補って余りある声優さんの演技に感服します。
特に悲鳴。
フィールド上にいる敵を移動して切って行くゲームなので、一般人や味方が襲われるのですが、その時に上がる悲鳴が臨場感ありまくりですごいです。
すごい数の悲鳴パターンがある。声優さんはのど大丈夫だっただろうか・・・。

主人公が戦っている場所とは違う場所でも戦闘は行われているので、声だけで他のキャラクターの生死を確認したりするんですが(神通力で神様の声が聴こえてくる)、映像が無い分想像力が働いて余計リアルで怖かったりもします。
神通力で通信中の女神さまが死んじゃうシーンがあるんですが、そのときの絶叫とかパニックになる様子がすごすぎて「これは聴いてたら男の人は興奮しちゃうんじゃないかな」と場違いな感想を持ったりしました。


操作が慣れるまで難しかったり、処理落ちが多かったり、ストーリーめっちゃ暗かったりと気になる点もありましたが、自分好みに操作方法を変えられるようになると非常に爽快で、武器が豊富(過ぎ)で戦闘の自由度も高い面白いゲームでした。
武器はまだまだ作ってないものがたくさんあるらしいので(300種以上あるらしい・・・まだ100種くらいしか作ってない)
最初にやらないとは言ったけど勇気が出たらハードモードぐらいには挑戦してみようかなぁ・・・と思います。

 
PR
筒巻にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/20 ますくめろん]
最新TB
プロフィール
HN:
筒巻
性別:
女性
自己紹介:
任天堂が好き過ぎてどうしようもないへっぽこゲーマー。愛ゆえに暴走気味。
世界中の悪役とおじさんキャラを愛しています。
そんな気がする。
バーコード
ブログ内検索
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp